子どもが僕らを素敵な先生にしてくれる。

子どもが僕らを素敵な先生にしてくれる。

児童養護施設、小学校、教育系大学、教育実習、療育施設などで経験した事柄を連ねる、徒然なるままにが過ぎるブログ

ぼくらのたからばこやさん

児童養護施設より、人間歴1000日未満の哲学者と学ぶ子ども哲学

「誕生日が嬉しいのは、生まれてきたからだね」 ちびっこ先生の純粋かつ残酷な子ども哲学 この世に生を受けて1000日未満。 人間3年生くらいのちびっこたちが、 そのまっさらな心で一生懸命考えて生み出す哲学。 ぼくの勤め先である児童養護施設は、 親元を…

謎の倦怠感、頭痛腹痛に効く特効薬?治療+改善+対策が同時に可能なたったひとつの手段

「手当てをしましょう、あいをこめて」 自分では理由のわからない痛みを訴える子どもたち ぼくの仕事は、児童養護施設の職員です。 何らかの理由で施設に来たたくさんの子どもたちと、生きる時間を共にしています。 ここで過ごす子どもたちは特に敏感で、し…

感覚過敏の五感を守る、1枚の大きな布

「不安と不快から心身を守ってくれる、心強いマントだ」 発達障害児にもよくある感覚過敏症の実録 ぼくの勤める児童養護施設には、感覚過敏の子どもが複数います。 肌(触覚)が過敏で、決まったもの以外の服の素材に不快感を感じたり、 視覚が過敏で、昼の世…

児童養護施設職員の休日事情。連休とるために連勤する、まさに修行。

「休むために削らねばならんものが多過ぎる気がする」 施設職員の休日ってどんな感じなの? ぼくら児童養護施設の職員は、毎日変動シフト制で勤務しています。 朝から働く日もあれば、夜から働く日もある。 昼だけ勤務の日もあるし、宿直で一晩中勤務の日も…

解離中の記憶はある?ない?解離性障害支援者としての啓発

「支援者として、この障害を啓発していきたい」 解離性障害とは? 解離性障害とは、どんな障害なのか? 厚生労働省では、「解離性障害は、自分が自分であるという感覚が失われている状態」とまとめられています。 詳しくはこちらから。 ぼく個人の解釈でざっ…

寝る前は不安、寂しくて怖くて。ここで越えたい夜を越えよう

「暗い夜のせいにしていいから、君の声を聞かせてくれ」 夜は負の叫びを堪えられない時間だ 昼よりも夜の方が、苦しみや焦燥感に駆られて 不安を煽られる人が多いなぁと思う。 実際、 解放しているハルせんせーのTwitterDMには、夜の方がメッセージが多い…

辛い、死にたい、消えたい……心がしんどいときに思い出す言葉と解毒魔法

「自分の心を楽にするために、その方法をたくさん手に入れよう」 命を絶ちたい程に心が弱っているあなたへ ぼくは、強い人間ではありません。 ぼくは、強く在ろうとしている人間です。 名前を、ハルといいます。 「生きやすく生きて、命を終える」を常に考え…

片付けが苦手な子には、ひとつの箱を家具として~児童養護施設にて~

「床にものが落ちていなければ、片付いているとします」 児童養護施設、子どものお片付け問題 児童養護施設では、たくさんの個性的な子どもたちが一緒に暮らしています。 子どもがたくさんいるので、その分物は多くなるし、部屋も狭くなる。 あまりの多さに…

ものを作れるクリエイターよ、全員天才めっちゃすごいという話

「みんな描けるよ!って、みんなすごいってことだからね!?」 イラストを描いてもらう喜びを知る ぼくらのたからばこやさんとして活動をはじめて、もう2年が過ぎました。 様々なジャンルのクリエイターさんが作品を披露するTwitter。 ぼくばこの周りにも、…

傷の舐め合いって悪いことなの?慰め合いと甘やかし合い

「急所を晒せて、手当てし合える関係ならばそれはいっそ」 ぼくのTwitterタイムラインに流れてくる、傷の舐め合い論争。 いいもんだ、とか、悪いもんだ、とか、そのくらいのまだ深められていない意見たち。 そんな数々のツイートを見て、ぼくが思ったことを…