子どもが僕らを素敵な先生にしてくれる。

子どもが僕らを素敵な先生にしてくれる。

児童養護施設、小学校、教育系大学、教育実習、療育施設などで経験した事柄を連ねる、徒然なるままにが過ぎるブログ

ぼくたちを魅了するアスペルガー男子の才能とその世界観

子どもの言葉には、大人がハッとするものが多い。いつの間にか忘れていた子どもの頃の気持ち、見逃している自分への甘え、気にしてもいなかった思考の穴……私たち大人にとって一番のせんせーは子どもだと思うのです。

そんなこと考えたこともなかった……という新しい発見と、確かにあの頃考えていた、という忘却を呼び起こす学びをたくさんご紹介できることと思いますぞ。

 

発達障害の子どもから人生を考えさせられる名言が。

今回の主役、深月(ミヅキ)くんは、何事に対しても「ほどほど」が苦手なアスペルガーの男の子。こだわりが強く、職人気質。語彙力が豊かで言い回しが独特、そして哲学的な発言から、彼の心の豊かさと深さを知ることができます。

芸術肌で一風変わった世界観を持っている彼に、ぼくたち大人も魅了され続けているのです。

好きなことへの集中力は、大人顔負け

そんな深月くん、歳相応にレゴブロックが大好きな小学3年生。体は小さく、1つ下の学年と交ざっても違和感のないほどのサイズ感。

しかし好きなことへの集中力は、大人顔負けです。6畳の部屋いっぱいにブロックを転がし、何時間でも遊んでいられます。真剣にブロックを組み立てる小さな背中はまるで職人。パーツを探す視線など最早スナイパー。機敏な動きで多くのブロックを組み上げ、「ふぅ」と息をつく姿には思わずスタンディングオベーション。

うーん、芸術だね。ブラボーブラボー。

哀愁漂う名言が飛び出す

ただ、片づけの時間が近づく度にブルーになるのが子どもです。いつまでも気の済むまで遊んでいたい……でも大人に怒られるのも避けたい……!

 そろそろご飯だから片付けてー、と言う私に、深月くんは真剣な顔で返します。

「ハルちゃん、おれに とって、レゴは じんせい なんだ。」

「そうなの?!ご、ごめん……ハルちゃんレゴのことなめてた……。人生なら、今急にはやめられない?深月くんのキリがつく時間教えてくれれば大人もそれまで待つよ」

「ううん、いいんだ。あのね、じんせいはね、あまくないんだよ」

「そ、そのとおりです」

「たのしい じかんは、いつもと おなじだけ すぎるものだから」

そう言うと、物憂げな溜め息を吐きいそいそと片づけの始める小学3年生。

哀愁が小学生のものとは思えない。

深月くんの世界は私たちのものよりも色づき、鮮やかであるのかもしれません。

 

ゆっくりに見える身体の成長や、マイペースを貫く心の成長。でもきみは、きみにしかわからない時間の中ですくすく育っているね。

ずっとそのまま豊かなきみで、ゆっくり大人になってほしいものです。

 

片付け終わったら、名言製造機深月くんは、

「ごはんたべたら また じんせいを はじめよう。いっしょに 。」

とかっこよく私を誘って、頷く私を確認した後、ちゃんと手を洗ってから食事に向かいました。