子どもが僕らを素敵な先生にしてくれる。

子どもが僕らを素敵な先生にしてくれる。

児童養護施設、小学校、教育系大学、教育実習、療育施設などで経験した事柄を連ねる、徒然なるままにが過ぎるブログ

発達障害児、苦手の指導法は大人のアイデアにある!②

「ふわふわして、ずっとだっこしていたいかんじ」②


前回から、深月くんと紙風船で「力加減」を練習するために準備をしておりましたね。それではさっそく実践に移りましょう。

 1球目。
深月くんのサーブです。構えはめちゃめちゃ様になっています。まるでオリンピックの選手であろうかという顔つき。ヨーシ、バッチこーーい!
ところが深月くん、サーブを力みすぎて紙風船はぺったんこになり地面に落ちます。始めはそれでいい、できるまで続けましょう。

2球目。
ぼくが何も言わずともサーブを調整してくる深月くん。さっきよりもスイングを小さくして衝撃を減らしたようです。しかしまだまだ強すぎる。柔らかな紙風船はぺしょっと地面へ。首をかしげる深月くんに、ぼくたち大人ができることは何でしょうか。感性豊かで考える力のある深月くんですので、ぼくは直接的なアドバイスを避けました。子ども自身が気づく必要があると感じたからです。

深月くん、1回目と2回目、手の振りが小さくなったように見えたけどどうして?

「だって強いとつぶれちゃう」

そうなの?つぶれないように小さい動きにしたの?

「うん、小さい動きはやさしくうてるから」

そうか!じゃあ力を弱くするためには、小さい動きで優しく当てればいいんだね!

 

これを明言した後の3球目。
ぽーんと弧を描いて紙風船はとび、ふんわり落ちてきました。やったぁ!つぶさないまま、紙風船をとばせたね!今の感じ、忘れないように。

コツを掴んだ深月くんは、みるみるうちに上達。ラリー10回はすぐに到達してしまいました。やるな、お主。


さて、ここでまとめです。


深月くん、紙風船持ってみて。

?(はてな)をたくさん浮かべながらも、くしゃっとつぶれないように紙風船を持ちます。うん、それだ、それでいい。

こわれやすいものの持ち方が、その力加減だよ。うさぎも、紙風船も、くしゃっとしたらつぶれてしまう。うさぎは痛い!と感じてしまう。優しく、そっと、小さな力で、小さな動きでゆっくりと、大事に持つんだね。

「うさぎもこれでだっこできる?」

できるよ、壊れやすいものの持ち方、忘れないで。あとは深月くんがうさちゃんを怖がらないことだよ。

 

 後日、深月くんが描いた絵日記を読ませてもらいました。

「今日は、うさぎのせわをしました。はじめてうさぎをだっこしたら、ふわふわして、ずっとだっこしていたいかんじでした。」

と書かれていました。おぉ!抱っこできてる、よかったねぇ、よかったねぇ。

深月くんは小さな力で触ることを体験し、成功したのです。「適切な力加減」は、発達に障害がなければ自然と身に付く人が多いこと。でも、わからなければ、教えればいい。苦手に気づいて教えることは、他でもない、大人の力です。できることは生かします、できないことは教えます、できるようになりたいことは、全力で協力します。どん子にも当てはまる、誰でも変わりないことですよね。

 

文豪深月くんの日記にはこう続いています。

「あったかくてぷにぷにしてるので、冬のまくらにしたいです。うさぎまくらで、うさぎといっしょにねたいです」

その発想はなかった!!