子どもが僕らを素敵な先生にしてくれる。

子どもが僕らを素敵な先生にしてくれる。

児童養護施設、小学校、教育系大学、教育実習、療育施設などで経験した事柄を連ねる、徒然なるままにが過ぎるブログ

ぼくらのたからばこやさん

児童養護施設にて、小学生に教えたい仲直りと次の約束①

「なかなおりしたから、またあそべるね」

子どもが社会的に不適応な行動を起こしたとき、大人は叱る義務があるとぼくは思っています。子どもは社会のルールを「まだ知らないだけ」なので、既知の大人がきちんと教えていく必要があると考えます。突然堅いことを言い始めましたが、今回もいつも通り子どもとのやりとりをご紹介しますよ~。難しい文章書けないからね!(笑)

 

今日は太陽さんさん良いお天気。学校はお休みだし、土日の多目にある宿題も終わったくらいの時間です。児童養護施設では、たくさんの子どもたちが中庭に出て遊んでいます。ぼくも子どもに遊んでもらおうと、庭に出ることにしました。

 

ぼくの姿を見るやいなや、ぴゅーんっと飛んできたのは小学3年生の太成(たいせい)くん。その後をてくてく駆けてくるのがお馴染みの深月(みづき)くんでした。2人は同じ学年で、ゲーム好きという趣味も合って特別に仲良しです。

 

「はるちゃんオニごっこやるでしょ?」
「はるちゃんオニでも、おれは天才だから、どこへでもにげきれる。地球のうらがわまで3びょうで いける」

 

どっちがどっちの言葉かは火を見るより明らかですが、上が太成、下が深月です。深月は天才だからな!そりゃ勝てんわ!でも大人の本気みせるし!と大袈裟に意気込んで鬼ごっこに参加。

他の子どもたちに「いーれーて!」と声をかけて、返事をもらってから参加するのはぼくのこだわり。子どものルールに乗っとって。子どもたちと同じように。見本になって。大人だから許されることなんて、子どもの前では見せるべきでないのです。

鬼ごっこは滞りなく行われ、よくある子どもたちによる大人総攻撃に遭ってヘロヘロになっていたときにトラブルが。

 

「はるちゃん、深月が石投げた……!」

 

太成が目に涙を浮かべて駆け寄ってきました。やってしまった!深月くんから目を離したぼくの責任だ!太成の様子を確認すると、幸い当たった足には何の跡もなく、痛くないけどびっくりしたとべそをかいていました。はるちゃん内心全力でほっ……。怪我がなくてよかった~~!でもこれは厳しい指導をしなくては。太成を抱き上げて、深月くんを呼びます。

 

「深月は太成に石を投げたの?」

ばつの悪そうな表情を浮かべる深月に、まずは事実の確認です。トラブルがあったとき、片方の話だけを鵜呑みにして頭ごなしに決めつけるのは愚行。太成はぼくにしがみついてぐすぐす言っています。

 

「……なげた」

「投げちゃったか。ちゃんと正直に話せたね。でも、それは良いことかな?」

 

嘘をつける場面で正直に話せたことを認めます。しかし、「正直に話せて偉いね」とは言いません。太成に加害しているわけですから、褒められる場面ではない。でも、認められることで次を話してくれやすくなります。さらに、自分のしたことの善悪がわかっているか確認。何となく楽しくてやった、良かれと思ってやったなど、子どもの行動には加害の意識がないこともあります。

 

「わるいこと」

「うん、はるちゃんもそう思うよ。石を投げることは、悪いことだね。なんで深月は石を投げちゃったの?」

「太成においかけられて、にげたかったから」

 

そうかぁ。必死に逃げて、鬼から逃れたい防衛本能的に投げてしまったのね。しょんぼりしている姿を見るに、「あかんかった」という意識はきちんとあるようで。よかった、深月くん反省できるね。と思ったはるちゃんのお話はまだ続きます。

次回へ!

www.kodomotosensei.xyz