子どもが僕らを素敵な先生にしてくれる。

子どもが僕らを素敵な先生にしてくれる。

児童養護施設、小学校、教育系大学、教育実習、療育施設などで経験した事柄を連ねる、徒然なるままにが過ぎるブログ

ぼくらのたからばこやさん

小学生の得意は教師が見つけて育てるのもアリ

「それわたし とくいかもしれない!」

自分の得意なことを聞かれたら、胸を張って答えられる大人はどのくらいいるのでしょうか。子どもたちの自尊心を育てるためには、自分の自尊心から育ててみよう!という講義をどこかで拝聴しましたが、実際問題少し難しい問いです。

進級したての4月半ば。小学校4年生の教室にて。子どもたちは新しいクラスに浮き足立ちながらも、楽しげにプロフィールを作成していました。

新任であるぼくへの配慮と、クラスメイトへの自己紹介を兼ねて、学年全体で「プロフィール」を書くことが決まりました。それを書いている時間の出来事です。

 

 

 プロフィールは、よくある項目に従って、名前、生年月日、血液型、得意な教科、頑張りたいことなど……

特に変わり種はなくシンプルなものです。教室の後ろの掲示板に並べてに貼る予定のため、普通紙に下書きをし、それを本番用の画用紙に写すという行程で進みます。

多くの児童はすらすらと、かつ楽しそうに書いています。


「おれは算数をがんばりたい」

「わたしは大きくなったら警察官になる」

「せんせー、ここはこう書いてもいい?」

「せんせーのたんじょうびっていつ!?」

子どもの書いている姿を見ながら子どもを知れて、派生でコミュニケーションもとれて、後ろの掲示板も埋まるとあって、担任としては一石三鳥。

ぼくにとってもとても充実した時間となりました。

 

しかしふと立ち止まると、ペンの進んでいない子がいます。あまり教師に絡んでくるタイプではなく、クラスでも大人しい性格の李花(りか)です。特段言動に違和感がある子ではなく、下級生に優しかったり、宿題を丁寧にやることができたり、係りの仕事をきちんとこなしてくれたり。

良いところがたくさんある素敵な女の子です。

 

李花どうした、書きにくいか?

「……ここが書けない。」

指差したのは「得意なこと」の欄でした。

他のクラスメイトたちは、サッカー、お絵描き、ピアノに計算、靴飛ばしや側転……思い思いに書いています。

バラエティに富んだ意見を期待できる項目。

書きにくいという声は今までありません。

李花は得意なこと思い付かない?

せんせーは、李花にはたくさんあると思うけど。

「……とくいなことはない。あんまりおもいつかない」

そうかぁ、じゃあ字を書くこと、なんてどう?李花の字はいつも丁寧でせんせーすごいと思うな。

「字はきらいじゃないけど、べつにとくいじゃないもんなぁ」

ふむ、じゃあピアノは?1年生のときから習ってるって聞いたよ。長く続けるのって難しいし、すごいことだ。李花の得意なことにならないかな?

「長くやってるけど、別にとくいっていえない。李花うまくないもん、○○ちゃんのが上手だし」

そうなのか……誰かと比べなくても、李花が得意ならいいんだけどなぁ。

ハルせんせーも一緒にうーん……と悩んでしまいました。

どうやら李花ちゃん、自分に自信がない様子。

そして周りから
「別に李花はそれほど得意じゃなくない?」
と言われるのが怖いのだそうで。

あぁーそうなのか!小学校4年生の心の成長を甘く見ていた!李花ほど自分を客観視している子なら、有り得なくはありません。

周りの目も、人間関係も気になり始める年頃。

 

ぼくは少し考え、李花の繊細な心を知ってみたくなりました。

李花の気持ちよくわかった。じゃあ、せんせーここの項目「得意なこと」じゃなくて「好きなこと」に変える、そしたら書けそう?

途端、李花の目が安堵の色を見せます。

「それなら書ける。一輪車、毎日のってる。李花一輪車すきだよ。あとお花に水をあげるのがすき。ママの洗濯物手伝うのもすき」

おぉ!そうなんだ!せんせー李花のことたくさん知れて嬉しい!でももしかしてそれって、李花の得意なことなんじゃない?家の手伝いなんて、みんながちゃんとできるわけじゃないし。好きって思えることなんて、得意にならないわけないよ。毎日続けることが得意です!でもいいかもしれないね。

 

ぼくのその言葉に、李花はうーん……と考えて、元気にうん!と返事をしました。

李花のおうちのことは、李花しかわからないし、友達が何か言うことのが失礼でおかしいよ。そういうときはせんせーが絶対力になるから教えて。李花は李花の好きなこと、得意って書けばいいよ。

「そっかぁ、毎日やってるし、李花はママの洗濯物手伝うのも、一輪車も、お花の水やりも得意かもしれない!」

李花の「得意なこと」欄には、3つが書かれることになりました。

李花が自信をもって得意を宣言できる、珠玉の得意たちです。