子どもが僕らを素敵な先生にしてくれる。

子どもが僕らを素敵な先生にしてくれる。

児童養護施設、小学校、教育系大学、教育実習、療育施設などで経験した事柄を連ねる、徒然なるままにが過ぎるブログ

子どものなぞなぞほんまめっちゃ難易度高い

「正解はねー、一休さん!」

下校の付き添いや病院の待ち時間など、小さな隙間時間にも、クイズは暇を埋めるのに使える手ですよね。子どもとクイズを出しあって、コミュニケーションのひとつとするのも良いでしょう。

なんか定型文みたいに始まったけど、今日はスピード感と臨場感をそのまま味わってほしくてね、文法とか一切気にせず会話文で書いてます。ちょっと読んでみて。子どものクイズに答えるのマジで難しいんスよ。共感してほしい。

 

今日の主役の紹介

小学3年生、発達障害児ADHDの瑛人(えいと)です。

コンサータ服用中で、最近随分調子が良い。会話も落ち着いてできるようになり、大勢で遊ぶことも可能になりました。適応できる時間が増えたので自己肯定感もうなぎ登りで、ニコニコ冗談を言う機会が増えています。

そんな瑛人の難易度☆☆☆☆☆レベルの発問をどうぞ

「ハルくん問題ね。引っかけ問題です。1×9×3×2は?」

 あー、それなら知って……え!?何て?!かける2?!え、えぇーと……なんだろうな~~

(お、おかしいな……1+9+3で一休さんではなくて……?ハルくんの知っているやつとなんか違う……多いし……足さずに掛けとる……これや如何に…………)

瑛人は首を捻るぼくを見て、ヒヒヒ!と満足気にニヤニヤ。

「むずかしい?ヒントはいっ、きゅう!」

え?!いっきゅう、一休!?え、ええ?、えぇーとね……難しいなぁ~~

(じゃあいっきゅうさんの可能性大分出てきたな!??これ九分九厘一休さんじゃない!?だっていっきゅうで始まる言葉なんてそうそうないし……いや待てよ、一級品??一球目??……うーん、さすがに違うよな。しかし果たして最後の2は何と訳せばよいのか……)

「最後のヒントは~、さん!はい、つなげて!」

つなげて?!?!?

(えぇ~~!?!?いっ、きゅう、さん!?!?最後のヒントが!???!答え出てしまってない??!!?!?いやそもそも逆に難しいんやけど!2の謎が深まるばかりなんやけど!)

 

「ハイ、ブブーっ!時間切れー!正解はねー」

気になる正解は!?

「一休さんでした!」

えぇ~~~~~~~~!?!??!?一休さんなの!??!?最後の2は?!??!?!?

「ハルくんまだまだだな!のうみそを きたえないと いけないね!」

そ、そうだね……最後の2がまさかの置き字だとは……英語でいうところの「gh」とか漢文でいうところの「而」とかその辺の感じで?読まないのね……ハルくんまだまだ頭の柔らかさが足らんかったね……

いやー、凝り固まった大人の脳ミソでは答えがでなかった!!!!難易度が高い!!!次回に期待!!!!(笑)