子どもが僕らを素敵な先生にしてくれる。

子どもが僕らを素敵な先生にしてくれる。

児童養護施設、小学校、教育系大学、教育実習、療育施設などで経験した事柄を連ねる、徒然なるままにが過ぎるブログ

ぼくらのたからばこやさん

児童養護施設実習に行く前に読む実習生の心得①

実習は絶対終わるから、その期間をこうして乗りきれ処世術!

 保育士や児童指導員を目指す方々ならば、誰もが不安だけど、通らねばならん通過儀礼。そう、施設実習。施設側からの意見や、実習生として最低限諦めておいてほしいこと、あーこれが実態でどこもそうなんだ、自分だけじゃない、これは実習先でいじめられているのではない、と理解してほしいことなどを簡単に説明します。この記事は少し冷たい厳しい内容になりますので、ぜひこの次の記事も読んでください。暖かな側面はそちらで紹介しています。

 

心得①「実習は必ず終わる」ということを忘れない

児童養護施設の実習を終えた、もしくは真っ最中の方々は口々に「マジでしんどい」「早く帰りたい」と息も絶え絶えです。楽しかった~!だけで終われる実習生さんはほぼいません。でもね皆、実習は、必ず、終わりが来ます。堪えれば終わる。仕事と違って、期日がこれば終わります。これだけ忘れないで。乗りきるのに絶対必要だから!実習は!!必ず!!終わりが来る!!!終わるまで頑張れば終わる!!!!指折り数えてなんとか耐え抜けばそこで50点確実!!あとはどこで加点されるか!!!とにかく休まず行くんだ!!!終わるから!!!!!

 

心得②歓迎されることを期待をしない

実習生って、ドラマとかですごい歓迎されてるし人気者になれるんだろうなー!とか、職員さんは福祉に携わる人たちだし、さぞかし立派な方々なんだろうなー!とか、君たちのために期待しないでくれ。なぜなら、職員も子どもたちも「人」だからです。実習生を受け入れるということは、職員にとって「実習生指導」という仕事がひとつ増えるということ。また、子どもにとってはイレギュラーな、見知らぬ誰かが居住区に要るわけで。職員さんに良くしてもらえない、子どもに歓迎されないと感じる実習生が多いのも、そういう理由です。実際、歓迎されないです。だから期待しない。まずは日々をこなすことを考えてください。そっちのが実習生さんの精神衛生を守ることができます。只し、最後の反省会?で不満不安をがっつりぶつけてくれて結構です。職員も実習生さんの意見を聞くのがまた学びです。ぜひ教えてください。

 

心得③提示された時間、期日は厳守。

特筆すべきでは無いと思うんだけど、とても大切なので書きます。子どもたちのことだけで精一杯の暮らしをしているので、実習生さんに割いてあげられる時間が本当に少ないです。ごめんなさい。これは職員一同が誠心誠意謝るべき項目です。でも、だからこそ、実習生として最低限時間と期日は守ってください。その時間しか、時間がとれないのです。遅刻はもっての他です。遅れないでください。忘れ物はあなたが困ってしまいます。あなたたちに精一杯学んでほしい。だから、職員の時間も、子どもたちの時間も、そしてあなたの時間も、無駄にはしないでください。

次回へ続きます。 

www.kodomotosensei.xyz