子どもが僕らを素敵な先生にしてくれる。

子どもが僕らを素敵な先生にしてくれる。

児童養護施設、小学校、教育系大学、教育実習、療育施設などで経験した事柄を連ねる、徒然なるままにが過ぎるブログ

ぼくらのたからばこやさん

子どもの発言、質問はいつも新しい思考をくれる

「女の子はどうして髪の毛伸ばしてもいいの?」

子どもたちの小さな宇宙のなかには、どんな無限も詰め込める。

自分の外側を見すぎて、内側を見る目が衰えてしまった大人たちに、子どもは何時だって新しい風を吹き込ませてくれます。

大人になってしまったぼくには気づけない発見がたくさんあって、ぼくだけでは辿り着けなかった境地に導いてくれる哲学があって。

ぼくが子どもの思考という宇宙から、拾い上げてきたいくつかを皆さんにご紹介します。

あなたなら、子どもにどう返事をしますか?

ぜひ一緒に考えてみてください。


 

5歳児からの質問です。

「女の子はどうして髪の毛を伸ばしてもいいのに、ぼくはダメって言われるの?」

「パパとぼくのパンツは外に干すのに、ママのパンツは部屋に干すのなんでー?」

ハルくんもそれ小さい頃思ったことある!

ハルくんも髪の毛伸ばしたかったし、パンツ外に干さないの気になってた!

ハルくんのママが

「髪の毛男の子のが抜けやすくて、子どもの頃に短い方が将来ハゲないから今切った方がいいよ」

「ママのパンツは外に干せない布を使ってるんだよ、だから部屋に干すんだよ」

って言ってたよ!

まぁ抜け毛の説は冗談にしても、今考えるとうちの母親は交わし方が華麗だなぁと思いました。

ジェンダーやセクシャルに関する問いは、大人の苦手とする分野ですよね。

子どもにどう伝えたら良いかわからないし、どこまで伝えたら良いか目安もない。

否定しないことだけが正義に感じます。

 

 


お次は小学校1年生から。


「休み時間はちょっとしかないのに、授業はいっぱいあるのどうして?」

ど、どうしてだろうね……

ハルくんも休み時間ばっかりがいい……

多分、先生たちが皆と居たいから授業増やすんじゃない?

休み時間だと、皆の顔を見て遊べないからさ。

 

 

小学校3年生からの質問。


「ハルくんはお友達の作り方いつ教えてもらった?誰に聞けばいい?」

正直教わったか覚えてないし、恐らく誰にも教えられんと思う。

学校の授業でも教えてもらえないことだね。

ハルくんは、楽しいことを楽しそうにやるのが近道かなと思うよ。

楽しそうだと、みんな気になってどんどん集まるよね。

そのあとどうするかがまた難しいんだけどね。

友達の作り方、ハルくんもちゃんと考えてみるよ。

 


最後は小学校6年生からの質問です。

「大人ってさー、なんで自分が大人ってわかったの?二十歳越えたから?」


うっわそれ本当に分からんやつや!

何となく自分が子どもではなくなったから大人なのかと思って、曖昧に大人になってきちゃった。

むしろぼくも一緒に考えてほしい。

 

 

これ実録なんですよ。

子どもたちの疑問に曖昧に答えたくないので、考えたことがないことはきちんと「考えたことなかった!今わからん!考えてまた話す!」と言っています。

この返答が良いのかはわからないけれど……自分なりの誠実です。

皆さんは問いにどう答えますか?

わからない、と一蹴するだけですか?

大人の宇宙からの意見が、ぜひ聞いてみたいです。