子どもが僕らを素敵な先生にしてくれる。

子どもが僕らを素敵な先生にしてくれる。

児童養護施設、小学校、教育系大学、教育実習、療育施設などで経験した事柄を連ねる、徒然なるままにが過ぎるブログ

拝啓、生きたくて死にたい自分へ。

f:id:harusensei:20180203225925p:plain

「あなたの“生きたい”の最後の砦にぼくもなれたら」

 最近よく生死について考えるのよ。

ツイッターで声を聞くと、身を削りながら生きている人があまりにも多くて。

ぼくが考えた「生死について」を綴ってみようと思う。

最後まで読んで、感想聞かせてもらえたらとても嬉しい。

 

あのさ、

人間の本能は、どうやってもぼくらを生かしたいらしい。

生かしたいらしいんだわ。

 

三大欲求と言われているものは、人間が生きて繁栄するために強く本能に刷り込まれている。

生きるために食物を食べて、生きるために睡眠をとり、生きて繁栄するために子孫を残す。

そのどれもが生きるために本能的にある感覚。

 

 

 

という、前提の世界にぼくらは生きている。

 

死に直面しなければ、「生きたい!」と強く願う機会もないこの世界に生きている。

という前提だ。

元々ある、という。当たり前にある、生きたいと思っているという前提がどうしても在る。

「生きたい」という欲求は、三大欲求に入らず、皆に必ず存在するという前提で話が進んでいるのだ。

 

 

だから、気づいた人間は生きにくいのだ。

「生きたい」欲求がなければ、三大欲求はまた二の次なのだと。

 

みんなが生きたいこの世の中は、生きたい欲求が前提にない人間には生きにくい。

生きているから仕事をし、生きているから人間関係を築き、生きているから地位や名誉を戴いて、そして自分の欲求を上乗せしている。

生きるために仕事する、と言うわけではなさそうなんだよ。前提に「生きていること」がどうしても在る。

 

様々な欲求の根底にあり、存在が必ず有ると断定されるものが、「生きたい」という欲求なの。

 

生きたい欲求は、ぼくらが生きたいと思わなくても本能に深く根付き、ぼくらを生かすために存在し続ける。

 

ときにその本能の根底にある欲求は、自らに刃を向けて

ときにその本能の根底にある欲求は、自らの感覚を奪い

ときにその本能の根底にある欲求は、自らの記憶を改竄し

 

本能の根底にある「生きたい」欲求は、どんな形でもぼくらを生かそうとする。

髪の毛を抜き、爪を噛んで、腕を切り、足を切り、血を瓶に溜め、癇癪を起こし、脳の成長を止め、心を無にし、記憶を奪って、人を傷つけ、自分を忘れても尚、生かそうとする。

 

心臓が止まらないように、それ以外を奪い傷つけ失いながら、それでもただ生かそうとする。

 

ぼくらが生まれてきたその時から、この「生きたい」欲求は無意識のうちに存在を確かに誇示する。

そして在り続ける。死の間際まで、確実に在り続ける。

 

この世界が生きにくいあなた。

あなたの「生きたい」欲求と少し話をしましょう。

 

「身体を傷つけるのはやめて、特に目立つところは避けてほしいなぁ。」

「心がしんどいと思ったら逃げてほしいよ、さすがにもう苦しいからさ。」

「生きたいにしてもこれは痛いし、そろそろ違う方法を考えてほしいんだけど……」

「社会のために生きてる訳じゃないから、自分のために生きたいと思えるように協力してよ。」

 

「生きたい」欲求と、対話をして、今の自分の生き方を振り返ってみる。

死にたい気持ちはあっても、それでも呼吸をしているうちは、できるだけ楽に在りたいじゃないか。

生きたい気持ちがあるんなら、心臓が鼓動をやめないうちは、自分の楽を探したいじゃないか。

 

話をしよう。

 

「生きたい」欲求と、話をしよう。

 

どんなふうに生きたいの。

どんなふうに、生きていたいの。

 

拝啓、「生きたい」自分へ。