子どもが僕らを素敵な先生にしてくれる。

子どもが僕らを素敵な先生にしてくれる。

児童養護施設、小学校、教育系大学、教育実習、療育施設などで経験した事柄を連ねる、徒然なるままにが過ぎるブログ

児童養護施設で働くためにぼくが追った手順と方法、はたまた資格

「学生時代に資格を取るのがスムーズだと思います。」

以前記事にして綴ったことがありますが、ぼくが児童養護施設に就職した手順をご紹介します。
施設によって異なりますし、年代によっても異なるものなので、参考程度にご覧いただきたいです。

 

●資格をとる

児童養護施設は子どもに関わる高度な知識と、豊かな人間性が必要とされます。

児童養護施設で働くことができる資格は様々あります。一例として、保育士、児童指導員、社会福祉士、心理士、小学校中学校高校いずれかの教員免許、調理師。ここに書き出されていないものでも、求人に載っていれば任用可能です。

高卒でとれる資格もあるようですが、大学や短大に行くのが近道でしょう。求人も大学卒の方が多いですね。ぼくは国立大学の教育学部で、小学校教諭と中学校教諭の免許を取得しました。

●働きたい施設を探す

児童養護施設は大元では繋がっているのですが、ここの個性が大きくみられます。

理事長の方針や、施設長の指導法、施設の歴史や地域の特性など、様々な観点から検索してみましょう。児童養護施設のホームページを見たり、施設自体の名前で検索をかけ、評判を見るのもおすすめです。また、施設ごとに必要な資格が異なる場合がありますので、注意しましょう。

●書類選考、面接

面接には、きちんとした髪型とスーツで向かいました。多少茶髪でしたが社会人だったので許してもらえるかなー……と……。許されました(笑)

事前にかいてきた履歴書や職務歴、自己アピールを書いた書類を提出します。面接本番はその書類に基づいた質問をされるので、コピーをとっておくことをおすすめします。言っていることが違ってしまったら、印象としてマイナスですからねぇ。

具体的な質問の一部を紹介しますね。

ぼくの面接では……

  • 前職をどうしてやめたか
  • 今教員にならないのはなぜか
  • 児童養護施設経験はあるか
  • 休みの日は何をして過ごすか
  • 成人式は行ったか
  • 家庭環境や家族構成
  • ここでやりたいことはなにか
  • どうしてこの施設を選んだか
  • どうして児童養護施設の職員になりたいのか
  • 特技やアピールはあるか
  • 子どものことをどう思っているか
  • 結婚の予定はあるのか
  • 子どもの予定はあるのか

など、たくさん質問されました。覚えている分だけ書き出しましたが、もっとたくさん聞かれたと思います。

質問は一対一で個室行い、始終和やかな雰囲気で力を抜いてできました。最後の2つは「それ聞くの!?」と驚いたのでよく覚えています。離職するタイミングがその辺なんだろうな~とふわふわ考えてますけど、やっぱりちょっとプライベート立ち入り過ぎだわな!(笑)

その後給料のお話や手当てのお話が続き、児童養護施設の歴史をお話しいただいて、面接終了。計2時間!長くない!?ぼくひとりにだよ!!?!?

帰り道で傘をなくし、疲労困憊で帰宅しました。学生に対しての面接と、社会人に対しての面接は違うらしいとあとから聞きました。なるほどね。

●合格通知が来たら

ぼくはまず電話で合格が伝えられました。わーいわーい。

そのまま電話で今後の予定を決めるのですが、本採用の前に実習をしなければなりませんでした。ぼくは学生時代に施設実習は履修しておりません。致し方なし。

1週間、実習生として施設で働きます。そのあと、リーダーや施設長が問題なしと判断してもらえるの、やっと本採用!お給料がいただける立場になるのです。

●研修にいく

新人研修といって、新人のための勉強会のようなものがちょいちょい入ってきます。1週間ぶっ続けの時もあれば3時間で終わりーなんてのも。同期の同僚とは、ここでとても仲良くなれますよ。

●就労開始!

あとは子どものために、子どものためだけに仕事をこなしていくのみ!楽しい時間も、苦しい時間も、みんなで分かち合ってせ成長する。大人も子どもも一緒になって遊び、笑って怒って泣いて、迷惑かけて、心配かけて、支えあって過ごしています。

 

皆さんもぜひ、ぼくたちと一緒に働いてみませんか。