子どもが僕らを素敵な先生にしてくれる。

子どもが僕らを素敵な先生にしてくれる。

児童養護施設、小学校、教育系大学、教育実習、療育施設などで経験した事柄を連ねる、徒然なるままにが過ぎるブログ

ぼくらのたからばこやさん

下の名前で呼んでほしい!簡単な自己紹介の方法はこれ!

f:id:harusensei:20181125162249p:plain

「自己紹介のやり方。呼ばれたい名前で呼んでもらおう」

さてさてー、今日は質問箱に届いた質問に答えていくよー。

何を聞いてもいい質問箱なので、よかったらみんなも質問してみてね。

ハルせんせーの質問箱です | Peing -質問箱-

質問者さんからの質問

はじめまして。

早速質問なんですが、自分は苗字が嫌いです。

関わる人には、なるべく下の名前の方で呼んでほしいです。

呼んでもらうにはいったいどうすればよいのでしょう?

 

ハルせんせーの回答

おすすめ自己紹介のコツ

これね、この質問、めちゃめちゃ簡単でおすすめな方法がある。


ただし注意点があるのだ。

しかし、これがクリアできたら成功率が大幅にアップする。


呼ばれたい名前で呼んでもらうには!!

「初っぱなの自己紹介」から!!!

もうはなっからドンドンぶち込む必要があるのだ!!!

ハルは自己紹介をこうやる実践例

例えば、ぼくの名字が鈴木だとしてね。

「鈴木ハルです。ハルって呼んでください!」

というように、本名+呼び名を自己紹介の頭にぶちこむ。


そう、もう初っぱな言う。

初めに言うのが肝心。 

定着率が段違い。

 
あだ名の場合も一緒よ~。

「鈴木ハルです。ハルせんせーって呼んでください!」

ってね。

本名+あだ名で自己紹介。

 

もうこれだけ。

これだけで周りは、自分の呼んでほしい呼び名で呼んでくれるようになるんだよ。

ハルせんせーはもう、転校時代やら大学時代やら「ハルせんせー」やらでも実証済みです。

お陰さまで、変なあだ名をつけられたことはない人生だった。

先に呼び名を伝えているから、呼び方を変える必要もないんだ。

これはね、難易度も高くないのでぜひやってみてほしい。


自己紹介のコツとして、あとはねぇ……。

呼ばれたい呼び名、何回も何回も言っていくのもいいと思うよ。

 

「えっ、鈴木じゃなくてハルのほうで呼ばれたい!」


って。


「ハルせんせー(呼んでほしい呼び名)って呼んでほしい~」


って、何回も言ったっていいと思うよ。

ぼくも実際やってる。

先に呼び名を伝えておいても、やはり「初対面の人は苗字で呼ぶのがマナー」という常識は根強くてねぇ。


でも常識通りよりも、ぼく自身が嬉しいほうがハッピー貯まるじゃない?(笑)


やってほしいことを察してもらって、さらに
実行もらうっていうのは、すげー贅沢なことだから。


そうじゃなくてさ。

自分できちんと頼んでやってもらう方が簡単だし、親切だと思うんだ。

何回も呼び名を伝えていれば、そのうち定着してくるよ~。

言い方も、命令口調になってしまわないよう、フランクな調子を心がけてみてね。

 
質問者さんの場合は、

「下の名前で呼んでください。私苗字が好きじゃないんです~。」

って、最初に言っちゃおう。

初っぱなよ、これが肝心。
(※途中からでも、効果はあるよ)


でも現代、なぜか下の名前で呼びづらいなぁっていう社会……。

なんだろう、気安い感じがちょっと警戒されてしまうんかなぁ。

だから、逆に呼び方を指定してもらえた方が、相手にとってもよい気がするねぇ。

呼ばれたい呼び名で呼んでもらうには

①「鈴木ハルです。ハルって呼んでください。」
→呼ばれたい呼び名を初っぱな伝える!

②「苗字嫌いなんで、名前の方でお願いします。」
→呼ばれたくない理由を添えて何度も伝える!

 
これがいい、かな?

こちらの記事は動画にもなっています。

音声のほうがわかりやすい、という方はこちらへどうぞ!

youtu.be