子どもが僕らを素敵な先生にしてくれる。

子どもが僕らを素敵な先生にしてくれる。

児童養護施設、小学校、教育系大学、教育実習、療育施設などで経験した事柄を連ねる、徒然なるままにが過ぎるブログ

イラッとしたときこそ、目の前にいる子どもの言葉を受けとめる

f:id:harusensei:20180223150218j:plain

「そのときは、そのときにしか訪れない」

「ちゃんと歩いて!」

「うるさい!静かにしなさい!」

「変なことしないで!」

「そんなもん買わないよ!」


パパやママ、先生は叫びます。

大人も疲れて大変。叫びたくなる気持ちも、とてもよくわかる。

動物園や遊園地、ショッピングモールなど、家族連れが集まる場所ではよく見る光景ですね。

 

子どもたちと大人の歩幅と興味を合わせることは、実はなかなか難しい。

ちびっこは一生懸命大人について歩き、多すぎる刺激のなかで選んだ「興味」の行き先を、強い言葉にシャットアウトされてしまう。

悲しくて、やるせなくて、大きな声で泣いたりただをこねたりしてみるものの、余計に大人を困らせて怒られて……。


よくあることなのです、が。

あるたびに、ぼくの心はズキンと痛んでしまうのです。

 

人の集まる場所には刺激がたくさんあり、好奇心の塊である子どもたちは興味津々。

あちこち歩き回りたい。あれが触ってみたい。これが近くで見てみたい。

新しいことを知ったら、外であれこれ学んだら、大好きなパパやママにお話したい。先生に楽しかったこと、報告したい。

 

できたら、

パパに「そうだね」って言ってほしい。

ママに「よかったね」って言ってほしい。

先生に「いいねぇ」って言ってほしい。

 

品物に夢中なパパに、こっちを向いてほしい。

弟妹にかかりっきりのママに、少しかまってほしい。

いつもたくさんの中のひとりだけど、今日は先生から、自分だけに向けられた言葉がほしい。

 
カッコいいおもちゃだ!パパ見て!ここ動くんだよ!

キラキラしたビーズを見つけたよ。ママ見て、かわいいね!

宿題、ちょっと丁寧にやってきた。先生見て!きれいにできたよ!

転んでひざをケガしちゃった。いたいの。ここが痛い。

このアニメだいすき!真似してセリフを言ってみるよ、おもしろいでしょ?

上着が上手に着られなくてイライラしちゃった、ちょっと慰めて。

苦手なことも頑張って取り組んだの、小さなことだけど、褒めてほしいな。

 
子どもは、あなたの一言を待っています。

 あなたの「そうだね」が聞きたくて。

あなたの「やったね!」が聞きたくて。

自分のなかの、少ない少ない語彙のなかから、その言葉を選んでいるのです。

 

大人も大変だよね。

子どものやることなすこと、イラッとすることもあるよ。

人間だもん、そりゃしゃーない。

いつも機嫌良くはいられない。

 

だけど、少しだけ飲み込んで、「そーねぇ」って、言ってあげてほしい。

あなたのために、選んだ言葉だから。

あなたのために、選んだ一歩だから。

 
「だめ!」や「やめなさい!」の前に、深呼吸して。

「そーね、すごいね、でもこれはダメよ、お店のだからね」って、教えてあげてほしい。

悪いことしたくて、そうしてるわけじゃないから。

大人を困らせたくて、そうしてるわけじゃないからねぇ。


周りの目が気になる?

大丈夫、周りの人も、そうして大人になった。

子どもの「興味」を許せない大人は、心が少し、辛いのかもしれないね。

あなたは、子どもの味方でいてあげなきゃ。

 

子どもにとっても、周りの大人にとっても、そして、あなたにとっても、子どもの言葉を冷たくあしらうのはプラスにならない。

だめ!の前に、深呼吸。

だーいじょうぶ、子どもに危険が及ばないのなら、他はどうにでもなるから!

子どもが選んでくれた言葉を、1度きちんと受け止めて、そこからよ。


頼むね。

子どもを頼むね。


ぼくもがんばるよ。