子どもが僕らを素敵な先生にしてくれる。

子どもが僕らを素敵な先生にしてくれる。

児童養護施設、小学校、教育系大学、教育実習、療育施設などで経験した事柄を連ねる、徒然なるままにが過ぎるブログ

第二回「ぼくらのたからばこやさん」ツイキャスコラボ感想レポート

f:id:harusensei:20180703025308j:plain


「方向性は真逆だけど真の部分は同じ気がする」

内容と感想

今回のキャスは、ぼくのやりたいことをやる、という自己満足甚だしい回でした(笑)

フォロワーさんとコラボして、ハルの聞きたいことを聞いていく、ってな流れに。

コラボして下さった方々、定型と発達障害の割合が偶然半々だったので

こ、これは聞いてみたい!!!

と思っていたことを特性別に聞いてみました。

  • 友達は多い方がいいか?少ない方がいいか?
  • 精神疾患をもっているか?
  • 人になんと呼ばれているか?
  • 一人称の使い分けをしているか?

などなど。

完全にぼくの趣味で聞かせていただきました。

めちゃめちゃ丁寧に答えてくださって、感謝しかない。

これに懲りずにまたお話付き合ってください。

 

先生方と発達障害児教育について話しました

今回の最終枠に、現役の先生と先生志望の方をお招きして「発達障害児教育」についてお話しました。

「放課後デイサービスの支援員と、塾の講師で迷っている。双方の見解を聞かせてほしい」

と要望をいただき、議論を進めました。

ぼくは放課後デイサービスの支援員を経験しており、もうひとりの先生は現役の塾の先生。

ふたりの立場や経験から、双方の職場についてお話しました。

教育観の異なるぼくら現役先生陣でしたが、そこがまた面白い。

いろんなせんせーがいて、いろんな子どもがいる。

自分のやりたい教育のできる環境を選んで働いてみるのがよいですね。

 

コラボ者の現役塾講師の先生は、深くを考えて多くを知っている方だと、話していて思いました。

ぼくとは真逆だなぁ、とお互いが思ったはずですが、「そこがまた面白い!」と思う感性は同じもので。

思考や教育観は異なるぼくらですが、根底にあるものは同じなのかもなぁとポカポカしました。

そして何より、

あたまのいいひとは、すごくあたまがいいんだなぁ……とおもいました。

またお話させてほしいです……!

今後のツイキャス、YouTubeの活動について

以前から申し上げている通り、ツイキャスで話した内容を編集し、YouTubeにあげたいと考えています。

コラボ者の方や相談者の方に許可がいただけたもののみ、音声+画像くらいのクオリティで……

その際は、拡散、チャンネル登録など、皆様のお力を貸してください。

お願い~頼むよ~(いつものやつ)

ツイキャス聞き逃したー!とか、もう一回聞きたい!という方に見てもらえるように……。

それに、発達障害や精神疾患、セクマイ、不登校、自傷行為、虐待など、周知したいという願望もある。

純粋に知ってほしい~~~!だからみんな見て~~~!!

で、一緒に生きやすく生きて命終えよう。

 
頑張って編集し(てもらい)ますが、いつアップされるかはわかりません。

そこはごめん。

あがったらぜひ見てみてね。


次のキャスは、質問箱に届いた相談に答えていく時間にしたいと考えています。

ゲリラ配信ツイキャスにも関わらず……

たくさんのご参加、ご視聴ありがとうございました。

児童養護施設勤めの不規則なぼくの生活に、皆さんを巻き込むスタイル。

こりゃいかん(笑)

しかし常に30人くらいの方が聞いてくださっていて、

規模もほんとに授業みたいだ!

と嬉しく思っています。

拡散も協力ありがとうね。

助かります、嬉しい、いつもありがとう。