子どもが僕らを素敵な先生にしてくれる。

子どもが僕らを素敵な先生にしてくれる。

児童養護施設、小学校、教育系大学、教育実習、療育施設などで経験した事柄を連ねる、徒然なるままにが過ぎるブログ

ぼくらのたからばこやさん

解離中の記憶はある?ない?解離性障害支援者としての啓発

f:id:harusensei:20200127164441j:plain


「支援者として、この障害を啓発していきたい」

解離性障害とは?

解離性障害とは、どんな障害なのか?


厚生労働省では、「解離性障害は、自分が自分であるという感覚が失われている状態」とまとめられています。

詳しくはこちらから。

 

ぼく個人の解釈でざっくり言いますと、

「ストレスから心を守るため、脳が“勝手に”意識を遮断する障害」

です。

 

堪えきれないストレスを受け、身体はそこから逃げられない場合

意識を遮断し、感覚を鈍麻させたり

記憶を残さず、元々なかったこととして消去(隠滅)したり

自分以外の人が受けているストレスだ、と自身に誤認させたり

とにかく離れないとという思いで遁走したり

 


それらを全て、

本人の意思とは別に

脳が勝手に行ってしまうのです。

 

 


特に記憶の保持は難しくなり、継続的なはずの記憶が切断されてしまうことで、当事者は苦しんでいます。


「記憶が抜け落ちて、自分のやったことの責任がとれない」

「何をしていたかわからない時間が多すぎる」

と、嘆く当事者を何人も見てきました。

 

非当事者のぼくに説明してくれたなかで一番しっくりきたのは、

「脳みそが勝手にどこかへ出掛けていく」

という表現です。

記憶があるときもあれば、ないときもある。

自由奔放過ぎる脳みそが勝手にそこかしこへ出掛けて行って

土産話をしてくる日もあるし、

行ってきたよ!とだけ報告してくる日もある。

脳みそと一緒に出掛けている日もあるけど、主導権は脳みそにある。

などなど。

 

記憶の有無は、症状の重さやその日の体調、性格特性にもよるのだそうです。

解離性障害を知ることになったあの日

ぼくと解離性障害との出会いは、親しい友人がきっかけでした。


同じ職場で働く彼女が、聞きなれない障害により退職すると言うのです。

退職の報告と共に、こっそり打ち明けてくれた病名が「解離性障害」でした。

 


そもそも病名も知らず、どんな症状があるのかも知らなかったぼくは、そこから猛勉強をして解離に詳しくなりました。

当事者の話を聞いたり、彼女の言動を思い出したり、文献をたくさん読んだり。


この記事は、解離性障害罹患の当事者としてではなく、

支援者としての目線で解離による記憶の様々なケースをご紹介し、啓発したいと思います。

 

解離性障害と記憶の保持~当事者の話~

今日は解離性障害における「記憶」について、ピックアップしてご紹介します。

 

解離中の記憶って、あるの?ないの?

 

①解離中の記憶がある

・鮮明にわかる
・記憶もあり、「今解離してるな」とわかる
・いくら解離が酷くても、記憶だけは保持されている
・音が遠くなっていく感覚はあるが、出来事は覚えている
・解離中は、自分の姿を後ろから見ている。(何をしていたかは把握できる)
・記憶はあるけれど、身体は動かない

 

②解離中の記憶はあるが、あやふやである

・まるで他人事のように感じ、伝聞で聞いたことのように思える。
・ぼーっとしていて、ふわふわした記憶がある
・記憶の映像に白いもやがかかっている感じで頭に残る
・解離中の出来事が夢なのか現実なのか判断がつかない。
・なんとなく覚えているが、詳細を聞かれると答えられないことがある

 

③解離中の記憶はあるが、思い出すのに時間がかかる

・解離してパニックになっているときは思い出せないが、精神が安定しているときに思い出せるときがある
・冷静になって振り返ると、解離中の記憶がよみがえってくる

 

④解離中の記憶はない

・何も思い出せない
・覚えていないという事実もわからない
・記憶がないので、解離していたことにすら気付かない(人から指摘されて、解離中であったことを知る)
・解離前後の記憶がまるまるごっそり抜けている
・いつの間にか寝ていて、起きた!って感じで解離から覚める
・記憶はなく、時間がびっくりするほど進んでいて解離に気づく

記憶の有無は人それぞれで、時と場合による

解離性障害と一括りに呼んでいても、症状は人によって様々です。

その人の心身の調子、天気、ストレス環境にも大きく左右されます。

 

今日はこうだったから明日も同じ、ということはないのです。

1日のなかでも、朝と夜とでは体調が変わっていることもありますよね。


毎日変化する症状を注意深く観察しながら、支援を考える必要があるのです。

 

 

また、解離性健忘(※記憶を手離すということ)は周囲に正しい理解が得づらく、

心ない言葉や態度を浴びることもしばしば。


当事者を孤独に置き去りにしてしまうことのないように、支援者としてできることを増やしていきたいです。

 

ぼくが今できることは、

周知です。

啓発です。

それから、勉強です。

 


自分の支援したい当事者の方が生きやすく在れるように。

守りたい彼らに、自分の思いが届くように。

 

まずはぼくらが、周囲への啓発を始めてみませんか。

 

 

解離性障害という障害があります。

ストレスから精神を守るために、脳が勝手に意識を遮断します。

記憶に関わる、難しい症状があります。

目には見えませんが、見ようとすると、気付くことができます。

 


正しい知識を周りに知らせて、生きやすい環境を作りたいですね。